Laravelでよく使うArtisanコマンド

こんにちは。ふっくんです。

Laravelを使いだしてまもないので、「あれ?あのコマンドなんだっけ?」となることが多々ありますので、Laravelでよく使うArtisanコマンドをまとめます。
※以下に記載する内容は Laravel 5.5.3 を前提としております。

エディターはVisual Studio Codeがおすすめ

まず、Visual Studio Codeとは何でしょう?
マイクロソフト社が開発したエディターです!!

Visual Studio Code – Visual Studio

ではなぜ、おすすめなのでしょう?

Laravelで開発を行っていると、度々Artisanコマンドを叩くことがあります。
開発を行っている時って、開発に使用しているソフト、実際に動いている画面、参考資料などいろんなアプリケーションを立ち上げますよね。
それに加えて、コマンドプロンプト(macOSではターミナル)も立ち上げて、もうデスクトップがゴチャゴチャ。。。

そこで!!
Visual Studio Codeを使えば、エディタでソースコードを編集しつつ、同じ画面でArtisanコマンドを叩くことができます。

Visual Studio Codeを立ち上げて、 表示統合ターミナル を選択してみてください。
(または、 Ctrl + @ )

こんな感じで、エディタ内にターミナルが表示され、エディタ内でArtisanコマンドを叩けるようになります!
しかも、自動的にルートディレクトリまで移動してくれてるので、楽ですね。

ぜひ、Laravelの開発の際にVisual Studio Codeを使用してみてください。

よく使うコマンド一覧

それでは、Laravelでの開発の際によく使うArtisanコマンドを記載していきます。

参照サイトLaravel5.5

※私はデータベース回りを担当していますので、マイグレーションのArtisanコマンドが中心になります。
マイグレーションについては、過去のこちらの記事をご確認ください。
Laravel 5.3 Eloquent ORM 入門 2 (マイグレーション)

使用可能な全Artisanコマンドを確認

php artisan list

利用できる全てのArtisanコマンド一覧を表示します。

使用できる引数、オプションを表示

php artisan help

コマンドは合ってるはずなのに、引数やオプションを付けたらエラーになったという場合は、これ。

ローカルサーバー起動

php artisan serve

サーバーが起動されます。

マイグレーションの実行

php artisan migrate

用意したマイグレーションを全て実行します。

最後のマイグレーション操作をロールバックする

php artisan migrate:rollback

最後に実行したマイグレーションを元に戻します。

全マイグレーションをロールバックする

php artisan migrate:reset

reset という名前の通り、全てを元に戻します。

全マイグレーションをロールバックし、全部実行し直す

php artisan migrate:refresh

一度実行されたマイグレーションファイルは基本的に再度実行されないので、再度実行したい場合は refresh を付けましょう。
データベース全体を作り直したいときなどに便利。

以上!!
良きLaravelライフを!!

SNSでもご購読できます。