JavaScript 屋さんのための C# LINQ 入門 (3) every / All と some / Any

こんにちは、けんけんです。連載 3 回目です。今回はまとめて一気に 2 セットお届けします!

すべての要素が条件に一致しているかどうかを調べる every 関数条件に一致している要素が一つでもあるかを調べる some 関数 です。

利用頻度は map や filter に比べると少ないかもしれませんが、意外と便利な関数です。

全要素が条件に一致しているかを調べる every と All

JavaScript では every です。各要素を調べて bool 値を返すコールバック関数を指定すると、すべての要素でコールバック関数が true を返すかを調べることができます。

var areAllOver18 = people.every(function (p) { return p.age > 18; });
let areAllOver18 = people.every(p => p.age > 18); // ES2015

たとえばこんな感じで全員が 18 歳を超えているかどうかを調べることができます。

C#(LINQ) では every の代わりに All を用います。

every と all … 英語の試験で間違えそうな部分ですね(笑)。感覚的には一つずつチェックしていくので every のほうが適している気はします。

var areAllOver18 = people.All(p => p.age > 18);

ちなみにこの every と All はいずれも false を返す要素があれば直ちに結果を返します。そのため、コレクションの最初のほうに false の要素があれば実行時間は速くなります。

条件に一致する要素があるかを調べる some と Any

JavaScript で条件に一致している要素が一つでもあるかを調べるには some 関数を使います。コールバック関数は every と同様に、各要素を調べて bool 値を返すものを指定します。

var malesExist = people.some(function (p) { return p.gender === 0; });
let malesExist = people.some(p => p.gender === 0); // ES2015

こんな感じに書けば、男性がいるかどうかを調べることができます。

C#(LINQ) ではこの some の代わりに Any を用います。 また出た英語の類語問題(笑)。このネーミングは LINQ のほうが素直な感じです。

var malesExist = people.Any(p => p.gender == 0);

ちなみにこの some / Any はさきほどの every / All とは真逆で、いずれも true を返す要素があれば直ちに結果を返します。そのため、こちらはコレクションの最初のほうに true の要素があれば実行時間が速くなります。

まとめ

  • JavaScript の every = C# (LINQ) の All !!
  • JavaScript の some = C# (LINQ) の Any !!

連載

SNSでもご購読できます。